收藏

超スーパーコピー!Louis Vuitton-ルイヴィトン ダミエ エベヌ オラフ PM N41442 メッセンジャーバッグ低廉編集

[#ここで字下げ終わり]  ──なぜ騒ぐ。なにを怯《おび》え騒ぐのだ。  主を……そしてわたしを……心底信じているならば、なにがこようと、どんな目にあおうと、泰然自若《たいぜんじじゃく》としていられるであろうに。  なぜ、そう、小さなことにびくつき、おののく?  哀れなり、信仰薄きものたちよ──。  眼鏡の下の目にうっすら涙がうかび、視野がにじんだ。エマはいそいで瞬《またた》きをして、ごまかした。  そうだ。こわがることなどない。恐れることはない。  わたしは恥ずかしく思わなければならないようなことはなにもしていない。神の前に顔をあげていられなくなるような罪などなにも犯していないし、この家に住む彼のご家族のみなさまにたいしても、誠実でないことは、なにひとつしていない。  神の|家《※1》[#※1神の家/教会のこと。]でも、地上のどこでも、なにも怯え畏《おそ》れる必要などないはずだ。  とはいえ、  ここにあるすべての宝物に対する敬意は消えなかった。  すべて、神ではない、どこかの誰かの手が造り出したものである。滅びるもの。死すべきさだめでありながら芸術の高みを知ることのできた希有《けう》なひとの手によってつくりだされ、ひとときこの世にあって、やがて壊れ古びて消えていくもの。 「ヴィヴィー! ちょっと待ちなさいヴィヴィー!」
表示ラベル: